症例 1

非定型小耳症術前
Before
非定型小耳症術後
After


非定形型小耳症
小耳症の位置が通常より前方で、不完全な耳甲介が存在するが外耳道は存在しない小耳症の症例です。2回目手術後の再建された耳は採皮部が髪に隠れ色調も良く、左右対称に立っています。

※ここに供覧した症例は、小耳症の手術をご理解いただくためのものです。症例により結果は異なります。
■重篤な合併症
顔面神経や血管の走行に異常を認めることが多く、手術によって顔面神経麻痺や皮膚壊死を起こすことがあります。また軟骨の採取部位では気胸・血胸・心タンポナーデの可能性があります。
■その他の合併症
植皮の生着不良・壊死、感染、移植軟骨の露出、糸やワイヤーの露出、傷跡が目立つ、薄毛・脱毛、長時間同じ体位による環軸椎亜脱臼{第一頸椎(環椎)と第二頸椎(軸椎)}、長時間同じ体位による褥瘡、その他、予測不可能な合併症。以上のような合併症が起こった場合は、再手術や処置を行う場合もありますが、不可逆的な状態もありえますのでご了承ください。

2回目手術後(正面)2回目手術後(背面)
非定型小耳症術後正面
非定型小耳症術後背面

症例 2

Before
第1第2鰓弓(さいきゅう)症候群:顔面半側萎縮症および小耳症 術後
After


第1第2鰓弓(さいきゅう)症候群:顔面半側萎縮症および小耳症
ローヘアーラインを合併した耳垂残存型小耳症、および顔面半側萎縮症の症例です。2回目手術後、髪の毛が生えない、深い耳甲介腔の耳介が再建されました。

※ここに供覧した症例は、小耳症の手術をご理解いただくためのものです。症例により結果は異なります。
■重篤な合併症
顔面神経や血管の走行に異常を認めることが多く、手術によって顔面神経麻痺や皮膚壊死を起こすことがあります。また軟骨の採取部位では気胸・血胸・心タンポナーデの可能性があります。
■その他の合併症
植皮の生着不良・壊死、感染、移植軟骨の露出、糸やワイヤーの露出、傷跡が目立つ、薄毛・脱毛、長時間同じ体位による環軸椎亜脱臼{第一頸椎(環椎)と第二頸椎(軸椎)}、長時間同じ体位による褥瘡、その他、予測不可能な合併症。以上のような合併症が起こった場合は、再手術や処置を行う場合もありますが、不可逆的な状態もありえますのでご了承ください。

手術前1回目手術後2回目手術後
第1第2鰓弓(さいきゅう)症候群:顔面半側萎縮症および小耳症 術前第1第2鰓弓(さいきゅう)症候群:顔面半側萎縮症および小耳症 1回目手術後第1第2鰓弓(さいきゅう)症候群:顔面半側萎縮症および小耳症 術後
第1第2鰓弓(さいきゅう)症候群:顔面半側萎縮症および小耳症 術前拡大第1第2鰓弓(さいきゅう)症候群:顔面半側萎縮症および小耳症 1回目手術後第1第2鰓弓(さいきゅう)症候群:顔面半側萎縮症および小耳症 術後拡大

症例 3

耳鼻科で巨大な穴をあけられた小耳症術前
Before
耳鼻科で巨大な穴をあけられた小耳症 術後
After


耳鼻科で巨大な穴をあけられた小耳症
耳甲介型小耳症に対して耳鼻科で巨大すぎる外耳道の穴をあけられてしまった症例です。 結局聞こえるようにならなかったので、旧式の目立つ補聴器を使用していました。耳立て手術後、完成した耳介は耳の穴も術前に比較して縮小されて再建しています。そのため、耳穴タイプの補聴器がつけられるようになりました。

※ここに供覧した症例は、小耳症の手術をご理解いただくためのものです。症例により結果は異なります。
■重篤な合併症
顔面神経や血管の走行に異常を認めることが多く、手術によって顔面神経麻痺や皮膚壊死を起こすことがあります。また軟骨の採取部位では気胸・血胸・心タンポナーデの可能性があります。
■その他の合併症
植皮の生着不良・壊死、感染、移植軟骨の露出、糸やワイヤーの露出、傷跡が目立つ、薄毛・脱毛、長時間同じ体位による環軸椎亜脱臼{第一頸椎(環椎)と第二頸椎(軸椎)}、長時間同じ体位による褥瘡、その他、予測不可能な合併症。以上のような合併症が起こった場合は、再手術や処置を行う場合もありますが、不可逆的な状態もありえますのでご了承ください。

手術前1回目手術後2回目手術後
耳鼻科で巨大な穴をあけられた小耳症 術前耳鼻科で巨大な穴をあけられた小耳症 1回目手術後耳鼻科で巨大な穴をあけられた小耳症 術後
耳鼻科で巨大な穴をあけられた小耳症 術前補聴器を付けた状態耳鼻科で巨大な穴をあけられた小耳症 術後 補聴器をつけた状態

症例 4

スタール耳
Before
スタール耳手術後
After


スタール耳
程度の軽いスタール耳の症例です。第3の脚が存在するために耳輪上外側が平坦化しています。舟状渦scaphoid fossaが存在しません。このように程度の軽いスタール耳は局所麻酔下に手術が行えます。耳輪上外側から第3脚部に向かい皮膚を三角形に切除し、耳輪の耳介軟骨を露出させます。露出した耳介軟骨を切開し、耳輪の方向に回転させて耳介軟骨を一部重ねて縫合すると、内側に倒れこみ丸い耳輪が形成されます。さらに、微調整のため余分な皮膚をわずかに切除して縫合します。もっと程度が重いスタール耳では、耳輪の外側が突出した状態です。

※ここに供覧した症例は、小耳症の手術をご理解いただくためのものです。症例により結果は異なります。
■重篤な合併症
顔面神経や血管の走行に異常を認めることが多く、手術によって顔面神経麻痺や皮膚壊死を起こすことがあります。また軟骨の採取部位では気胸・血胸・心タンポナーデの可能性があります。
■その他の合併症
植皮の生着不良・壊死、感染、移植軟骨の露出、糸やワイヤーの露出、傷跡が目立つ、薄毛・脱毛、長時間同じ体位による環軸椎亜脱臼{第一頸椎(環椎)と第二頸椎(軸椎)}、長時間同じ体位による褥瘡、その他、予測不可能な合併症。以上のような合併症が起こった場合は、再手術や処置を行う場合もありますが、不可逆的な状態もありえますのでご了承ください。

青い鳥の背景画像


お問合わせ

受付:10時~19時【完全予約制】 定休:火曜日