耳垂残存型小耳症(右耳)の耳立て手術 2024/6/28

施設名担当医師
成田富里徳洲会病院丸山成一
(ヒルズ美容クリニック)  
中島康代
(成田富里徳洲会病院)

解説

小耳症(右耳)に対し、2019年12月に永田医師が肋軟骨移植術を行って再建した症例(当時10歳)です。1回目手術から4年6.5カ月が経過していますが、このたび耳介挙上術(耳立て手術)を引き継いで行いました。

手術と経過

耳垂残存型小耳症(永田医師が1回目手術を行う前の状態)
1回目手術前の状態

永田医師が1回目肋軟骨移植術を行う前の状態(耳垂残存型)です。

2回目手術(耳立て手術)前の右耳の側面から見た状態
術前(右耳:小耳症側)
2回目手術(耳立て手術)前の右耳の斜めから見た状態
術前(斜めから見た状態)
2回目手術(耳立て手術)前の右耳の正面から見た状態
術前(正面から見た状態)
2回目手術(耳立て手術)前の右耳の背面から見た状態
術前(背面から見た状態)
健側の左側
左耳:健側

耳介挙上術の手術前の状態です。

健側の耳(左)を参考に耳を立てます。

肋軟骨移植術のデザイン
デザイン

耳介挙上術(耳立て手術)のデザインです。

今回は剃毛する範囲を小さくすることに挑戦しました。

永田法の術式を守りつつもより患者様の負担にならないように、日々改善を重ねております。

TPFを挙上
術中

浅側頭筋膜(TPF)を挙上しています。

肋軟骨は十分な大きさがあったため、1本のみ採取しております。

2回目手術(耳立て)直後
2回目手術(耳立て)直後
術直後(耳の角度)
術直後(耳の角度)

再建した耳介はしっかり立っています。

この患者様の全ての手術記録 → 


今回の手術の術後合併症
■重篤な合併症
顔面神経や血管の走行に異常を認めることが多く、手術によって顔面神経麻痺や皮膚壊死を起こすことがあります。
また軟骨の採取部位では気胸・血胸・心タンポナーデの可能性があります。
■その他の合併症
①皮弁の生着不良・壊死
②感染、移植軟骨の露出

③糸やワイヤーの露出
傷跡が目立つ
薄毛・脱毛
長時間同じ体位による環軸椎亜脱臼{第一頸椎(環椎)と第二頸椎(軸椎)}
長時間同じ体位による褥瘡
⑧その他、予測不可能な合併症
以上のような合併症が起こった場合は、再手術や処置を行う場合もありますが、不可逆的な状態もありえますのでご了承ください。

※ここに供覧した症例は、小耳症の手術をご理解いただくためのものです。症例により結果は異なります。

※ブログの文章、写真画像、イラスト等の著作権はヒルズ美容クリニック及び関連会社が保有します。許可なく無断複製・引用・使用を禁じます。