永田法による小耳症手術

ロゴメール相談

永田悟医師の記事

永田法による小耳症手術の参考として、故・永田悟医師が執筆した記事を掲載します。

小耳症手術・再建耳介のプロポーション正確度判定

1978年、HALE TOLLETHが、CLIN PLAST SURG, 1978 Jul;5(3):337-45に記載した論文に『Artistic Anatomy, Dimensions, and Proportions of the External Ear』というタイトルで理想の耳の形態について解説図を報告している。つまり、「理想の耳のプロポーションの形態」を分析し、どうあるべきかを述べた論文だ。
この論文は、現在でも、耳介再建手術を行う形成外科医にとっては必読の有名な論文となっている。
この論文で記載されている結果と、形成外科医が再建した耳介とを比較すると、再建した耳介がどこまで正確に細部まで再建されたかが%単位で誤差が判定できる。
永田法で再建した耳介とHALE TOLLETHの理想の耳のプロポーションとを比較すると、誤差範囲は1%か、2%以内であることが判明した。
実際の長さに換算すると、ほぼ1mm以内の誤差範囲に収まっている。

※この文章は生前の永田悟医師が執筆いたしました。永田法の参考に掲載いたします。

プロポーションの正確度判定1

プロポーションの正確度判定1