手術前後のあれこれ

ホーム > 手術前後のあれこれ

目次(※各項目をクリックするとに各内容に移ります)

手術日までに毎日の生活の中で気をつけたいこと

生活

ここにはたくさんの小耳症の患者さんたちが来られます。
生まれて間もないお子さんが小耳症だと知ったときは、ご両親、ご家族ともさぞやいろいろとご心配されただろうと思います。
ただ、入院してきた子供たちを見ていると、どの子も元気で、のびのびと育っています。お喋りで、うるさいくらいの子もいるし、絵が好きで熱心に絵を描いている子もいる。もちろん内気な子も、泣き虫もいます。
野球やサッカー、ピアノを楽しむこともできる。出来ないこともありますが、できることのほうが、ずっと多い。
10歳になって、胸囲が60センチを超えたら小耳症の手術ができるようになる訳ですが、入院に当たって気を付けてほしいのは、普通に生活をし、よい時は褒め、悪い時は叱ってあげてください。 小耳症だからと言って、甘やかさないようにしてください。

食事の重要性

日本食は、軟骨にとっても最高の食事。
海外で何度も手術を経験したことがあり、また当クリニックでも外国の患者さんを手術している永田院長は、日本の子供たちと外国の子供たちの軟骨をよく知っています。
欧米の肉食の子供たちの軟骨は、おおむねスカスカで折れやすいです。欧米で育った日本人も同様です。日本の子供たちの軟骨は、ち密で、柔らかく、加工がしやすい。
これは主に食事が原因ではないかと考えています。
日本食で、何でもまんべんなく食べる。海藻、豆類、根菜類を食べる。野菜も食べる。肉も魚も食べる。日本のそういう食生活が良いのではないかと思っています。
また胸囲が60センチを超えてから、というのが手術の目安になっていますが、太りすぎはいけません。あくまで骨の太さが必要なので、脂肪の多い皮膚は、胸の傷を大きくするだけです。

和食

予防注射

手術の1か月前までには予防注射をすませておきましょう。
手術が無事終わった。痛みもなくなった。楽しく入院中のみなと遊んでいたら、突然、熱が出て…。 実は水疱瘡でした。これは実際にあったお話。もちろんそうなったら、もう誰とも遊べない。ひたすらベッドに釘づけです。
インフルエンザの予防注射も、入院の1か月前までに済ませておいてください。
予防注射のない病気もあります。うがい、手洗いは、小さい時から習慣にしておきましょう。

予防注射

▲ページ上部に戻る▲

手術を行うときは、いろいろな合併症や副作用が起こることがあります。手術中や、手術後に行われる小耳症の手術でごくまれに見られるものをまとめてみました。

① (一過性の)顔面神経麻痺 

入院中に、眉毛が動かないという方が、1389人中3人くらいいらっしゃいました。
手術後半年くらいたつと、動くようになってきます。
当院ではおひとりだけ、まぶたがとじないという方もいらっしゃいました。
目を開けたままでいると、角膜潰瘍になる可能性があるため、寝るときはテープでまぶたを閉じて休んでもらいました。この方も、半年くらいで、回復されています。

② 動脈、静脈の血行不良による生着不良・感染、移植軟骨の露出

小耳症の方は側頭部の動静脈の走行が正常と違っている場合がまれにあり、一部傷の治りが遅くなったりする方があります。回診の際や手術室で、簡単な処置をすることもあります。傷の感染は、当院で平成21年以降はみられません。

③ 気胸とは、肺から空気が漏れて肺が小さくなった状態です。

呼吸が苦しくなります。気胸を起こした方は全部で6人。そのうち2名は経過観察だけで終わっています。その他の4名の方も適切な処置をして、退院は予定通り、元気にされています。開院してから10年たつので、小耳症の手術は昨年末までに1389件おこなわれていますから、発生率は、約0.4パーセント。250人に一人の割合です。ただこれも、最近ではあまり見られず、平成24年を最後に、気胸はおこっていません。

④ 禿げ、床ずれ

手術は体を横向けにした状態で行います。長時間手術のため、下にしたほうの頭や体に一部赤くなったり、床ずれができたりすることがあります。平成22年以降は大きな床ずれは見られなくなっています。簡単な処置で、経過を見ることが、ほとんどです。

⑤ 下肢静脈血栓症(エコノミー症候群)

長い間動かないでいると、血の固まりができて、それが体のあちこちに飛んで悪さをするというのは、エコノミー症候群と呼ばれています。血栓が飛んだ場所によっては、大変なことになるので、当院では次のような工夫をしています。
医療用の弾性ストッキングをはいてもらう。 看護師による30分ごとの足のマッサージ。
機械によって継続的に下腿(ひざから下の足の部分)をマッサージする。 当院では、特に見られません。

⑥ 薬の副作用による、アレルギー症状。湿疹など。

おもに抗生物質による反応で、まれに湿疹が出たりすることがあります。使用中の薬の中止や変更、それに対応する処置をすることによって、対応しています。
手術中や治療中のことは、私たちが責任を持って行いますが、患者さんたちのほうでも気を付けてほしいことがあります。
手術の翌日は、吸収熱と言って、熱が出るのが普通です。胸の傷も、ちょっとは痛いかもしれない。しかし、手術の後に起こるいろいろな合併症を防ぐために以下のことを実行してください。

  • ① 水分をとる。
  • ② 歩く。
  • ③ 痰をだす。
  • ④ 深呼吸をする。

術後肺炎、静脈血栓症、肺炎などの術後合併症に、効果があります。
当院ではできるだけ痛くない治療をするよう心掛けているので、翌日は、歩けます。大事を取ってベッドで安静を続けているよりも、歩いたりトイレに行ったりして、血液や、体の中の空気のながれをよくすることによって、これらの合併症を予防しましょう。
もちろん2、3日たって、すっかり痛みもなくなれば、走りまわる子も出てきます。
決して走り回らないように、大騒ぎして汗をかかないように。
というのが次の目標です。
ぶつかって手術した耳をけがした、というのは、ほんとによくある話。つまり、その時々で、先生や看護師の注意を、よく守って、1か月後無事退院していただくのが、私たちの願いです。

▲ページ上部に戻る▲

手術日が終わってから、毎日の生活の中で気をつけたいこと

当院では「もう耳を下にして寝てもいいよ。」という状態で退院していただきます。
退院してからも、ずっと耳に当てものをして寝ないといけないという施設もあるようですが、当院では、それはありません。 しかし、いくつか気を付けてほしいことは、あります。
大事なものは、いつもきれいに洗いましょう。
作った耳も、生きています。お風呂に入ったら、必ず耳を丁寧に洗ってください。永田法で作った耳は血行が良いので、退院してからも腫れがどんどん引いていきます。彫の深い耳ができますが、その深いところが洗いにくいので、垢がたまります。ほっておくとかぶれてきます。頭の中の皮を取ったところも忘れずに洗いましょう。保護者の方は、時々チェックをお願いします。
きちんと洗ってさえいれば、問題はおこりません。
傷のところからワイヤーや糸が出てくることがあります。すぐに抜けば、何の問題も起こりません。ほっておくとその糸を伝わって細菌が入ることがあります。きれいに洗って、家にある消毒薬で消毒をして、早めに診察においでください。
退院したら、すぐ学校や仕事へいってもかまいせん。
運動は、縄跳びや、水泳などすぐ始められます。ドッジボールなどの胸がぶつかる運動は、もう1か月待ってから行ってください。柔道や、レスリングなど、耳を強くぶつける可能性があるスポーツは、控えてください。学校で、必須になっている場合は、ご希望の場合、診断書(有料)をお書きします。
耳を圧迫することは、控えてください。水泳用の帽子やヘルメットなど、少し緩めのものをご使用ください。メガネやマスクもかけられますが、耳を強く圧迫していないか、時々チェックをしてください。

けがをしたり、心配なことがあるときは、いつでもご連絡ください。

TEL 048-449-3030  メール info@nagata-microtia.jp

平成29年11月1日

▲ページ上部に戻る▲

手術の準備・剃毛ーつまり髪の毛をカットすることです

入院して、第一日目の大イベント。それは髪の毛のカットです。
男の子は丸坊主。
女の子は手術をする側を、半分くらいカットします。

小耳症の患者様は、髪を長く伸ばしている方が多いので、特に抵抗が強いかも。 でもこれは傷口を清潔に保つためです。髪の毛がガーゼの中に入って、傷にバイキンがつかないようにするため。絆創膏(最近はテープというのよね)がきちんと貼れるようにするために重要なこと。

以前できるだけ髪は切らないで、残してと言われ、結局、包帯交換のたびにテープをはがすのが痛くて泣いた子もいるんです。

中には、普段はできないからモヒカンにしてくれという子もいましたが、結局入院中はネットを被っているので見た目は変わらない。

女の子で、お年頃だと、髪をカットされて泣いたり、中には髪を切るくらいなら手術をしないという子もいます。けれど「一時のことだから、髪はまた伸びてくる」と、自信を持って手術に臨む子もいる。
でも退院の時はそれぞれに工夫して、無事にお帰りいただいています。

剃毛

▲ページ上部に戻る▲

自立支援医療(育成医療)

小耳症の手術を受けると決まった時、覚えておいてほしいのが、「自立支援医療(育成医療)」という制度です。

厚生労働省 自立支援医療(育成医療)の概要 参照
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/jiritsu/

条件がそろえば一定の負担額だけで手術を受けることができます。育成医療は18歳までが対象なので、それ以上の年齢になると使えません。

ただし、これが適用されるのは保険適応部分に関してのみです。差額ベッド代、食事代などは、保険のきかない費用になります。

育成医療は、市町村役場が窓口になりますので、まず条件を確認し、条件に合うようであれば手続きをはじめます。お住まいの市町村役場での手続きになりますが、ホームページでも確認できます。

必要書類の中に、育成医療意見書というのがあります。これは医師が書くものです。

意見書は当クリニックへ持ってきていただいてもいいですが、郵送でも可能です。郵送で意見書をお書きする場合は、外来でお渡しした予約票右下半分に、手順をお書きしています。

意見書を郵送するとき、手術する方の名前を忘れず書いてください。お子さんの手術で、お父さんの名前で書類が届き、返信用封筒もお父さんの名前というのは、よくあること。同じ苗字の方がたくさんいらっしゃると、ちょっと迷います。できたら診察券のNo.を封筒のお子さんの名前の下にでも書いていただけると、なおうれしい。書類の有効期限が、普通3か月なので、手術日の3か月くらい前になったら手続きを始めていただいても大丈夫です。

保険の書類を書く親子イラスト

育成医療が使えないときは、「高額療養制度」をご利用ください。早めに手続きをして、入院時に「限度額認定証」を持ってきてください。

全国健康保険協会 高額療養費制度 参照
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030

市町村によっては「自立支援医療(育成医療)」または「高額療養制度」で自己負担した 部分に関しては「乳幼児医療費助成制度」・・地域によって呼び名が変わるかも・・で還付されるところもあるようです。入院前に、確認されたほうが、良いと思います。

▲ページ上部に戻る▲

寒くなり風邪やインフルエンザの季節になりました。しかし小耳症手術をひかえた人には、風邪やインフルエンザは忍び寄る危険信号です!色々なリスクが高くなったり、手術が延期になったりしますので、この“風邪をひかない3か条”をしっかりお守り下さい。

そこで麻酔科医と、院長からのおすすめ「風邪を引かない3箇条」

うがい手洗いを忘れない

風邪のウイルスは手からうつります。石鹸を付けてしっかり洗いましょう。アルコール消毒も有効です。うがいは水道水でも効果はあり、一日3回を目標にして、15回は“ガラガラ”を続けて下さい。

うがい手洗いを忘れない

ウイルスは湿気が大嫌い。60%の湿度なら風邪ウイルスも元気がでないとか!?特に夜寝るときの加湿はとっても大切です!

うがい手洗いを忘れない

正しいマスクの使い方で、ウイルスから身を守りましょう!マスクは市販のものでよいので、顔に合ったものを使いましょう。もちろん使い捨てにして、いつも清潔なものを使うよう気を付けて下さい。

手術が終わるまでは家族みんなの健康管理が必要です。近くに風邪をひいたりする人がいれば“さあ大変!!!”家族の誰かが風邪をひいたら、“風邪を引いた家族”、“手術を受けるご本人”、どちらかを隔離するぐらい気をつけて下さい。

*家族そろってインフルエンザの予防接種をされることをお勧めします。 本当は『手術予定のご本人を、消毒した箱にいれて、大事に鍵をかけられればいいのですが・・・』、なかなかそうはいきません。特に小・中学生は毎日学校へ行かなければいけませんからね。
さあ!入院の1か月くらい前からは、人ごみを避けお家でヌクヌクしながら、抵抗力をつけるためビタミン飲んで!粘膜を鍛えるためヨーグルトも食べて!そして『手術が無事終わって素敵なお耳ができた』ことを考えながら“ニンマリ”して下さい。よく寝てしっかり食べて、万全な状態で手術の日を迎えましょう。

もし熱がでたり風邪気味だったりしたときは、急いでお医者様にかかって治療を始め必ず当院へお知らせください。過去にはお母さまのインフルエンザで、お子さんの手術が延期になった例もありますのでご注意下さい。

TEL048-449-3030 永田小耳症形成外科クリニック

▲ページ上部に戻る▲

小耳症サークルみみとも東京

MRI検査について

永田式小耳症ワイヤーは、ステンレスでできています。
軟骨を組むときに、約80本、耳介挙上時に約20本使います。
以前は手術が終わったら、「MRI検査はできません」とお知らせしていました。
しかし、2017年9月に中国(北京)で行われた国際耳介再建学会で、興味深い発表がありました。
小耳症手術で使用されるスチール製スーチャー(永田式小耳症用ワイヤー含)を用いた実験結果で

結論:実験を実施したスチール製スーチャーは、3ステラまたはそれ以下のMRI設定(すなわち、MRI Conditional:条件付きでMRI可能)において、患者に対して付加的リスクを与えることはない。これらのスーチャーによるアーチファクトは、問題となることがあっても、再建された耳介のごく近くのみである。(抄録より一部抜粋)

と報告されました。

MRIを利用される場合は、担当の先生に小耳症用のワイヤーが100本近く入っていることを説明し、ご相談のうえでMRI検査を受けられるようお勧めします。

平成29年11月1日

▲ページ上部に戻る▲

スタッフブログ

患者様の声

手術前後のあれこれ

■お知らせ

●2017.11.8更新
【休診のお知らせ】
年末最終外来日
12月27日(水)まで
年始開始外来日
1月6日(土)より

1月6日(土)の午後は小耳症説明会のため再診の方は午前中においでください。
-------------------------------
●2017.11.8更新
【第23回小耳症説明会】
平成29年12月2日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
【第24回小耳症説明会】
平成30年1月6日(土)
参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------
●2017.9.13更新
【第22回小耳症説明会】
平成29年11月4日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
【第23回小耳症説明会】
平成29年12月2日(土)
参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------
●2017.9.1更新 ●2017.9.1更新
10月は院長が学会のため、説明会をお休みします。
------------------------------- ●2017.8.17更新
【第21回小耳症説明会】
平成29年9月2日(土)
【第22回小耳症説明会】
平成29年11月4日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------
●2017.6.7更新
【第20回小耳症説明会】
平成29年8月5日(土)開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------
●2017.5.11更新
【第19回小耳症説明会】
平成29年7月1日(土)開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------
●2017.4.20更新
【第17回小耳症説明会】
平成29年5月6日(土)開催されます。
【第18回小耳症説明会】
平成29年6月3日(土)開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------
●2017.3.10更新
【休診のお知らせ】
平成29年9月25日(月)
平成29年10月4日(水)
平成29年10月7日(土)
休診いたします。
-------------------------------
●2017.3.10更新
【学会参加】
ISAR(中国・北京)
2017年9/22~9/24
ASPS(アメリカ・フロリダ)
2017年10/6~10/10
-------------------------------
●2017.3.10更新
【第16回小耳症説明会】
平成29年4月1日(土)開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。

-------------------------------
●2017.2.10更新
【第15回小耳症説明会】
平成29年3月4日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------
●2017.1.12更新
【第14回小耳症説明会】が平成29年2月4日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。

-------------------------------
●2016.12.09更新
【第13回小耳症説明会】が平成29年1月7日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。

-------------------------------
●2016.11.10更新
【第12回小耳症説明会】が12月3日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。

-------------------------------
●2016.11.4更新
【臨時休診のお知らせ】
平成29年1月30日(月)、2月22日(水)、2月25日(土)休診いたします。

-------------------------------
●2016.10.7更新
【第11回小耳症説明会】が11月5日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。

-------------------------------
●2016.9.28更新
【年末年始のお知らせ】
年末最終外来日 平成28年12月28日(水) 年始は平成29年1月4日(水)より外来診察開始

-------------------------------

●2016.9.28更新
【臨時休診のお知らせ】
平成28年10月8日(土) 愛知学院大学にて講演のため休診いたします。

-------------------------------

●2016.9.9更新
【第10回小耳症説明会】が10月1日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。

-------------------------------

●2016.8.10更新
【第9回小耳症説明会】が9月3日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。

-------------------------------

●2016.7.6更新
【休診のお知らせ】
平成28年9月21日(水)・9月24日(土) アメリカ形成外科学会(ロサンゼルス)参加のため休診いたします。
-------------------------------

●2016.7.6更新
【第8回小耳症説明会】が8月6日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------

●2016.6.11更新
【第7回小耳症説明会】が7月2日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------

●2016.5.14更新
【休診のお知らせ】
平成28年10月8日(土)愛知学院大学にて講演のため休診いたします。
-------------------------------

●2016.5.13更新
【第6回小耳症説明会】が6月4日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------

●2016.4.8更新
【第5回小耳症説明会】が5月7日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------

●2016.3.9更新
【第4回小耳症説明会】が4月2日(土)に開催されました。詳細はこちらから。
-------------------------------

●2016.3.9更新
【第3回小耳症説明会】が3月5日(土)に開催されました。詳細はこちらから。
-------------------------------

●2016.3.9更新
【第2回小耳症説明会】が2月6日(土)に開催されました。詳細はこちらから。
-------------------------------

●2016.3.9更新
【第1回小耳症説明会】が1月9日(土)に開催されました。詳細はこちらから。
-------------------------------

●2015.10.30更新
【年末年始のお知らせ】
年内12月26日(土)
まで外来診療あります。1月4日(月)より外来を開始します。
-------------------------------

●2015.8.7更新
2015年9月14日(月)、10月14日(水)、10月17日(土)は学会参加のため外来診療は休診いたします。
-------------------------------

●2015.7.29更新
2015年7月29日(水)、30日(木)、31日(金)の3日間は、工事のため、当院の駐車場を使っていただくことができません。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
-------------------------------

●2015.4.22更新
アメリカ学会のため2015年10月14日(水)~10月18日(日)まで休診します。
-------------------------------

●2015.4.15更新
2015年4月20日より当院にて胸部レントゲン撮影が出来るようになりました。
-------------------------------

●2015.3.12更新
9/14(月)院長学会出張のため休診します
-------------------------------

●2014.4.13更新
◆2014年学会活動予定
・9/23(火)~9/29(月)
国際耳介再建外科学会(ISAR)パリ
・10/8(水)~10/13(月)
アメリカ形成外科学会(インストラクショナルコース)シカゴ

-------------------------------
●2014.3.31更新
◆昨年度、当院における耳介再建術は143件。当クリニックが平成17年11月開業以来、ついに千件を超すことができました。
-------------------------------
●2013.7.5更新
◆土曜日午前中の外来時間
受け付け9時から11時30分ですが、9時30分から11時まで回診が入ります。回診の時間を避けておいでください。

◆月曜日、水曜日、土曜日午後1時より、電話にて予約受付いたします。保険証を忘れずお持ちください。
-------------------------------

永田法 小耳症治療

小耳症手術・再建耳介のプロポーション正確度判定

融けない耳をつくるには

胸の痛み・変形のない小耳症手術

耳介軟骨再生基礎研究

再建外科

美容外科

診療時間について

海外の医師との交流